「ラクリス」北欧のお菓子は身体にいいの?

nanigautteruno7

北欧のラクリスというお菓子をご存知ですか? 
北欧のお菓子売り場では、真っ黒な飴や、自転車のチューブのようなグミとしてラクリスが売られています。漢方薬や生薬に使われる甘草が原料として含まれているので、漢方薬風味の甘くてしょっぱい感じです。(ラクリスの主な成分は甘草の一種、スペインカンゾウ(リコリス))
先日、北欧のイベントでラクリス味のアイスクリームをトライしたのですが、ウワサ通りでした。。。(~_~;) 

<ハーブとしてのリコリスの効能>
リコリスに含まれているグリチルリチンという成分には抗炎症作用や抗ウィルス作用、抗アレルギー作用があり、関節炎や気管支炎、アレルギー症状などに用いられます。また、粘膜の刺激を緩和する効果があることから、胃や十二指腸などの潰瘍の治療に使用されます。

リコリスには副腎皮質を刺激して強壮にする作用もあり、ストレスにうまく対処するためのホルモンの生成を助けます。その他にもこのハーブには穏やかな去痰作用があり、痰を取り除いてくれます。また解毒作用もあり、毒素の排泄に優れるといわれています。
★注意★ 
妊娠中・授乳中の人や高血圧の人、心臓や肝臓、腎臓、甲状腺に問題を抱えている人は使用を避けてください。

・・・ということです。健康にもよさそうですが、お菓子として加工されたものが、同じだけの効力を保っているかはなんともいえませんがトライしてみるのもいいかもしれませんね。販売されている国では「中毒になってる」というくらい強烈なファンもいらっしゃるらしいです(@_@;)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です