北欧はコーヒー先進国!

top_img_b01
北欧はコーヒー先進国!
フィンランドやノルウェーといった北欧の国々が、世界のなかで圧倒的なコーヒー消費量を誇ることをご存知でしたか? 
国際コーヒー機関ICOの統計によると、2013年度に発表された世界1人当たりのコーヒー消費量は、日本が3.36kg、英国2.80kg、アメリカ合衆国4.20kgに対し、フィンランド12kg、ノルウェー8.70kg、デンマーク8.60kg、スウェーデン7.31kgと、北欧勢の圧倒的なコーヒーの消費率となっています。

北欧コーヒーの特徴は「浅煎り」と「酸味」で、すっきりとしたキレの良さのなかにワインのようにフルーティな味わいと香りが広がります。従来のコーヒーは、深く煎って、苦味や焙煎香を楽しみますが、ノルウェーでは、コーヒーは浅煎りにして、果実の高貴な香りと、豊かな味わいを楽しむものと認識されているということです。

最近日本でも話題に上っている「バリスタ世界大会」は じつはノルウェー発祥です。 北欧からはワールドバリスタチャンピオンが何人も輩出されています。スウェーデンには「フィーカ/Fika」という文化もあります。(甘い菓子パンなどと一緒にコーヒーや紅茶をいただく習慣です。)
寒い日が続きますが、美味しいコーヒーでリラックスした時間を過ごしてみてください~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です