世界幸福度No.1「 デンマーク」は原発の無い国だった!

VindmlleparkOriginal2

国連(UN)は16日、2016年版の世界幸福度報告書(2016 World Happiness Report)を公表しました。報告書によると、デンマークが1位に返り咲き、小差の2位はスイス。3位以下はアイスランド、ノルウェー、フィンランド、6~10位はカナダ、オランダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンでした。(日本は53位、153位以下にはベナン、アフガニスタン、トーゴ、シリア、最下位はブルンジ。)
【各国の幸福度(Happiness Ladder)は、1人あたりのGDP、健康寿命、社会的支援、生き方の自由度、気前よさ、腐敗認識度の各指標から算出されています。各指標は各国の国民へのアンケートなどを元に集計されたものです。】

<デンマークとはどんな国?>

(フェロー諸島及びグリーンランドを除く)
●面積:約4.3万平方キロメートル(九州とほぼ同じ)
●人口:約566万人(2014年デンマーク統計局)(兵庫県とほぼ同じ)
●首都:コペンハーゲン(人口は約74万人、首都圏の人口は約127万人)(2014年現在)
●言語:デンマーク語
●宗教:福音ルーテル派(国教)

デンマークは世界で2番目に古い君主国です(一番古い君主国は皇室のある日本)。デンマーク人については多くの歴史的文献に記述されているものの、国としての最古の記録は965年のものになります。デンマークでは、25%の高い消費税負担の代わりに医療費は無料、小学校から大学まで無料で教育を受けることができます。その他…

・出産費用、保育園から大学までの教育費が無料。
・子供には毎年国から18才まで、20万円の児童手当が支給される。
・大学生には国から毎月9万円支給される。
・結婚式、葬式が無料。
・失業の際には、それまでの収入の90%が4年間支給される。
・デンマーク人はほとんど貯金をしない。(税金が貯金通帳だと思う人が多いため。)
・OECD加盟国の中で一番貧困率が低い。
・民主主義指数世界3位。
・公務員と政治家がクリーンな国ランキングで世界2位。
・世界平和指数ランキングで2位。
・国連の発表した幸福度指数で世界1位。
・医療費が無料。 入院費用、歯医者も無料。
・介護サービスが無料。
・年金は掛け金なしでも支給される。

・・・ということです。税金負担は大きいですが、皆が平等に老後もシングルマザーも安心して暮らせる保障がある国ですね。

しかしデンマーク議会は、中東などからの難民・移民流入を抑制するため、難民申請者の財産を政府が没収できる法律を賛成多数で可決したことに対し、さまざまな批判も受けているようです。(新法は、難民申請者が保有できる現金や所持品を1万デンマーククローネ(1450ドル)までと規定。結婚指輪など特定の所持品は除外される。)デンマークは昨年、過去最高となる約2万人の難民を受け入れています。デンマークの価値観から見れば、税金として財産を没収し、それを難民の方々の生活に充てるというのは、正当な考えなのかもしれませんが、アメリカ等の民主主義的思想の強い人権団体から見れば、ペケなんでしょうねぇ。「郷に入っては郷に従え」”When in Rome do as the Romans do.”

<デンマークのクリーンエネルギー>

デンマーク政府は、化石燃料の使用を段階的に減らし、2050年までにゼロにするという意欲的な目標を定めています。1980年から2010年までの間、再生可能エネルギーの比率は3%から19%へと増加しました。ちなみにデンマークのエネルギーに原子力は含まれていません。原発は一基も建っていないのです。30年以上も前、デンマークは世界で初めて風力タービンを設置しました。今日では、陸上ならびに洋上の風力タービンが消費電力の33%以上を供給しており、風力発電の比率は世界最高水準となっています。政府の最新の計画では、2020年までに電力供給の50%を風力でまかなうことを目標としています。国内の発電量に余剰が出た時は電力を輸出し、不足した時は輸入する欧州でも数少ない国の一つです。

・・・ということです。人が感じる幸福感は、それぞれの価値観によって違います。しかし、根本的なところは、どんな国の人であっても同じであってほしい…子供を守り、家族を守り、その生活を守るために環境を守り、地球を守る。経済利益云々&宗教云々いって、争いや差別&見て見ぬふりをする国民代表の方々、・・・いってもきりがありませんが。まずは自分自身からということで、日々丁寧に暮らしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です