貴方のすぐそばにある幸せに気が付くためのヒントを。

素朴な暮らし ruokala silmälasit  




北欧

アイスランドのサンタは「13人」!

投稿日:

fb0014

北欧五か国の一つの「アイスランド」。
アイスランドでは、クリスマスにやって来るサンタクロースがなんと13人もいるのをご存知でしたか?クリスマスの季節にやって来るいたずら好きな楽しい男たちがサンタとなって集います。そしてこの国のクリスマスは大変に長く、26日間にもなります。これは普段は山に住んでいる13人のサンタクロースが1人1人山から下りてくるためです。最初のサンタクロースが下りて来るのが12月12日、最後の13人目のサンタクロースが下りて来て全員が揃うのが12月24日、クリスマス・イヴです。13人全部が揃ったら本当のクリスマスを祝うのです。そして12月25日からまた1人1人山に帰り、最後の1人が山に戻るのが1月6日です。

これは元来、ヴァイキング時代のお祭りがキリスト教の影響を受けて変化したもので、13人のサンタクロースは元はヴァイキング時代の民話に出てくるいたずらもののお化けが、サンタクロースに変化したもので、13人にはそれぞれ、ソーセージを盗むサンタとかドアをたたくサンタとか名前がついています。この独特のクリスマスはアイスランドの風土と深く関係していると云われます。クリスマスの頃のアイスランドでは日の出が午前11時過ぎ、日の入りは午後3時半頃で、日中の長さは4時間半前後となり、昼間が極端に短くなります。長い冬を少しでも楽しく過ごそうとするアイスランドの人々の知恵なのです。
ちなみにイタリアでは、クリスマスプレゼントを持ってくるのはサンタではなく、“魔女”だそうです 

-北欧

Copyright© 素朴な暮らし ruokala silmälasit   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.