貴方のすぐそばにある幸せに気が付くためのヒントを。

素朴な暮らし ruokala silmälasit  

Food 英国

なぜイギリス人は紅茶好き?

更新日:

73935_530843933598531_333207905_n

なぜイギリス人は紅茶好き?

イギリスが紅茶の国といわれるようになったのには、この国の水質や食生活のあり方が大きく関わっていると言われています。イギリスでは日本の水と違い、硬水を使っています。硬水でいれるとお茶の香りや味がしっかり出でません。とくに不発酵の緑茶や半発酵のウーロン茶だときちんと抽出されにくくなります。しかし完全発酵茶である紅茶の場合は、透明感がなく濃い色になってしまいますが、苦味は出ずに大変まろやかでコクのある味になります。乳業国自慢のミルクを入れるとコクがあるとてもおいしいミルクティーになります。

イギリスの土壌は野菜や果物を作る農業には向いていないので、その代わりに酪農が盛んになりました。このためミルクやクリームを使ったメニューが多く、食材としても畜産品が多い使われています。ヨーロッパ大陸の他の国と違って、脂質の多い食生活が中心といえます。この脂肪を洗い流してくれるのが紅茶です。そんな食材やメニューに健康面でも一番相性がよいのが紅茶であり、また味覚的にもフィットしています。とくにイギリスのミルクはおいしく、脂肪分が同じでもうらやましいほどクリーミーで甘い香りがしてとても紅茶といいパートナーとなります。

年中気温がさほど高くならず寒い冬をすごすためには脂質をとることが必要だったイギリスでは、紅茶は体を温める効果もありぴったりの飲み物だったともいわれています。しかし最近では少しずつイギリスの中でもお茶に対する考えが変わってきていて、ミルクティーからストレートティー、紅茶から健康によい緑茶や中国茶へと興味が移ってきているということです。

-Food, 英国

Copyright© 素朴な暮らし ruokala silmälasit   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.