貴方のすぐそばにある幸せに気が付くためのヒントを。

素朴な暮らし ruokala silmälasit  




50-60代からの暮らし FOOD Others 身体に良いもの

「ツヤ髪」は食事から作られます。

投稿日:

 

40代、50代を過ぎたみなさま。つや髪をあきらめていませんか?

女性は出産で髪質が変わったり、更年期あたりから髪がパサパサになってしまったりします。ストレスからの体調不良で髪のつやがなくなったりもします。美容室でトリートメントや頭皮マッサージを受けても月1回のケアではあまり効果も長続きしませんよね。

若いころは髪がサラサラつやつやだったのに、いつの間にか天使の輪がどこかに飛んで行ってしまいました。加齢と共に髪の質も落ちてしまったのでしょう。身体の健康のためには一生懸命気を使うのに、髪のためには食事から気を使って...ってなかなかしませんよね。シャンプーやトリートメントにだけ頼っていませんか?

私も髪に良いといわれるシャンプーやトリートメントを片っ端からトライしてみました。でも最終的にたどり着いたのは「牛乳石鹸」のシャンプーとトリートメント。これマジです。

数年前に体を壊した時、髪はパサパサ&抜け毛大量、円形脱毛、肌ボロボロ、レーザーで消したはずのシミも復活してくる⁉など、女としては「終わったな...」とあきらめかけていました。しかし身体のために食生活を大幅に改善したところ、なんと髪の毛も復活しはじめました。これに気が付いたのは冬場にコラーゲンたっぷりのスープを作り置きして毎日食べていた時。「あれ?最近髪の毛つやつやじゃない?」気のせいかと思いましたが、他のスープの作り置きの時には髪のつやはあまり感じず...。「これか!」と気が付き、それ以来は髪のための栄養も考えて食事を作るようになりました。

 

髪に必要な栄養素

1.タンパク質

髪を構成している成分のほとんどは、「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質です。たんぱく質が不足すると髪が細くなるだけでなく、色素細胞の機能が低下して白髪が増えます。

2.ミネラル (亜鉛、カルシウム、セレニウム、鉄分)

人間の体に必要な必須ミネラルは16種類あり、その中でも髪にとって特に重要なのが亜鉛です。亜鉛が不足すると髪の毛母細胞の分裂が衰えてしまい、薄毛や抜け毛の原因になり、摂取したタンパク質を酵素などが一生懸命分解しても、それを元にケラチンを作り出す能力が薄れてしまいます。

3.ビタミン

・B1、B6 :糖質やたんぱく質の代謝を促します。

・B2 :髪の発育を助けます。

・B12 :血液中のヘモグロビン生成を促し、抜け毛や薄毛の原因になる鉄欠乏性貧血を予防します。

・A、E : 頭皮の血流を促して髪に必要な栄養を行き渡りやすくします。

・C :髪や肌の抗酸化力・免疫力を高めます。

4.オメガ3脂肪酸

髪の毛幹を作ったり、頭皮の細胞膜を作ったり、頭皮や髪が乾燥するのを防ぐ油を作ったりするのに必要な成分です。不足すると髪が乾燥し、もろくなり、髪の毛の成長が遅くなり、ふけも増えます。

 

髪に良い食材

1.卵

体内で作ることができない9種の必須アミノ酸をバランスよく含むだけでなく、ビタミンCを除くほとんどのビタミン、カルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルなどあらゆる栄養素が含まれる食材です。

2.青魚オメガ3系脂肪酸をふくむ魚

サンマ、カツオ、サケ、サバ、マグロ、イワシ、ブリ、ニシン、マスなどの青魚には、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

3.ナッツ

種類によって含まれる栄養素が異なります。クルミは、オメガ3脂肪酸に富み、タミンE、亜鉛を豊富に含むだけでなく、コラーゲンの生成を促進するビオチン、髪を黒く美しく保ってくれる銅なども豊富に含んでいます。カシューナッツ、アーモンド、ピーカンナッツは亜鉛を多く含み、脱毛を防ぐと言われています。

4.海藻

海藻などに含まれるヨードは食べ物から摂取されると、甲状腺という器官に集約されます。 甲状腺はそのヨードをエネルギーにして新陳代謝を促すための甲状腺ホルモンを分泌します。これが全身に行き渡ることで、古くなった細胞を廃棄し、新しい健康的な細胞を作ります。ただし、甲状腺機能に何らかの疾患をお持ちの方は、ヨードを摂りすぎると甲状腺機能に影響が及び症状を悪化させてしまう場合がありますので、必ず医師と相談するようにして下さい。

5. 大豆製品

大豆に含まれるイソフラボンは体内で女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。豆類には、鉄分、タンパク質、亜鉛が含まれており、これらが髪の毛の健康を増進します。また、髪の毛の成長を促す、ビオチンも多く含まれています。

6.ゴマ

ゴマには植物性たんぱく質をはじめ、ビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸といった髪にいい栄養がぎっしり入っています。

7.ビタミン、ミネラルが豊富なレバー

ビタミンB群は新しい髪を育て、髪を健やかに保つために必須の栄養素ですが、それらをまとめて摂れるのがレバーです。亜鉛や鉄分などのミネラルも豊富です。

8.緑黄色野菜

野菜は髪や健康を維持する上で欠かせない食材です。おススメはトマト。抗酸化作用の高いリコピンを積極的に摂ることで頭皮や髪の毛のエイジングケアを防ぐことができるようになり、健康的な髪の毛を育てていくことができます。

9.牡蠣

牡蠣は亜鉛を多く含み、髪質の向上に効果があると言われています。亜鉛の吸収を助ける栄養として「クエン酸」と「ビタミンC」がありますので、牡蠣にはレモンを絞って食べるは正解ですね。

10. ヨーグルトなどの乳製品

乳製品にはカルシウムとタンパク質が含まれています。 カルシウムはストレス対策に効果がありますので、白髪ができやすい環境を改善してくれます。(ストレスで白髪ができるというのは本当です。私がそうでした。超ストレスで負荷がかかった時、週一で髪を染めていました。ストレスがなくなったら、白髪がほとんどでなくなりました。あれは凄かった...。)

 

その他、亜鉛とタンパク質が豊富な「ビーフジャーキー(これは塩分が多そうですが)」や、ビタミンB6が豊富な「バナナ」、血行を良くする「生姜」、抗酸化作用のある「柑橘類」なども髪に良いといわれています。

食材は単品ではなく、まんべんなく摂るように頑張りましょう。今日あなたが口に入れたもので、明日の貴方が作られます。ステキな毎日にするために、少しだけ丁寧に食事をとってみましょう。一年後が楽しみになりますよ。Let's try !

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


にほんブログ村

-50-60代からの暮らし, FOOD, Others, 身体に良いもの

Copyright© 素朴な暮らし ruokala silmälasit   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.